中古マンションのコスト

新築マンションと比較して相場が安いというメリットが中古マンションにはあります。 しかしながら、安いことにはなにか理由があるという疑いの目を持って物件選びを行なわなければ失敗してしまうリスクがともないます。 たとえば、極端に安く売り出されている場合はとくに注意が必要であり、比較的新しい築年数の浅い物件では事故物件である可能性も否定できません。

また、格安で販売されている中古マンションでは築年数が長く、建物自体だけでなく設備の老朽化が激しいことも珍しくありません。 購入するときは費用負担が軽くても、購入後すぐに大規模なリフォームや設備の一新が必要になり、金額をトータルすると新築マンションや一軒屋を検討したほうがよかったということにもなりかねません。 そのほか、中古マンションは新築マンションに比べて諸費用が割高になる傾向があります。

新築マンションでは発生しないことが多い仲介手数料がかかり、中古マンションの物件価格の3%に60,000円と消費税と足した金額を上限に支払いを行なう必要があります。 諸費用の合計額は中古で物件価格の5~8%ほどであるのに対し、新築は2.5~5%ほどといわれています。 また、将来的に行なわれる小規模・大規模の修繕に向けて毎月発生する修繕積立金が、入居後に増額されることも中古マンションでは多くなっています。 以上のように、中古マンションはコストがかかりやすいというデメリットがあります。 当サイトではほかのデメリットを別のページにまとめていますので、気になるという方はチェックしてみてください。